Duo Eos

ピアニストの増矢馨子氏と共に2016年に結成し、翌年デビューコンサートを開催。 2018年には、オランダからオーケストラの同僚でヴィオラの首席奏者であるT.・ヤクーボフ氏を迎え、ピアノ四重奏をメイン・プログラムに2回目のコンサートを行った。 次回以降のコンサートに乞うご期待! また、演奏のご依頼も、こちらにて承ります。

duoeos.info@gmail.com

Duo Eosのレパートリーは、 

増矢馨子(ますや かおるこ) ピアノ

スイスのチューリッヒ国立芸術大学にて、ピアノをH-Jシュトゥループ教授、室内楽をカルミナ四重奏団のM.エンデルレ、

また、S.ノフシャクの各氏に師事。

コンツェルトライフェ、及びゾリステン・ディプロムを最優秀にて取得。

ヴィンタートゥアー市立管弦楽団と2度にわたり共演。

サン=サーンスのピアノ協奏曲第5番「エジプト」、ショパンのピアノ協奏曲第1番を演奏し、

スイス紙にて好評を博す。

帰国後もスイス、ドイツ、フランスの各地でソリストとして招かれ、ドイツ紙では

“絵画のような色彩感のある音色と響き”と絶賛された。

国内外で積極的に活動。スイス、日本を中心に定期的なリサイタルや録音を行い、

毎年多彩なプログラムで好評を得ている。

2009年、2010年に在日本スイス大使公邸主催演奏会を開催。

スイス大使公邸に招聘される。

在日本ドイツ大使公邸主催リサイタルを開催。ドイツ大使公邸に招聘される。

2014年には在スイス日本大使館の後援により、日本とスイス国交樹立150周年記念事業の一環として、チューリッヒにてリサイタルを開催。

2016年にはスイス・マイレン音楽楽友協会の主催演奏会にシュヴァイツァーオクテットと共演し、スイス紙にて絶賛を博す

過去のコンサート

leconcertdemidi.PNG

Duo Eos

Le Concert de Midi

心地よい音色と美食のマリアージュ

2017年7月30日(日)11:30開場 12:00開演

於:​如水会館

プログラム:
1:Schön Rosmarin Kreisler
美しきロスマリンクライスラー
2:Claire De Lune Debussy
月の光ドビュッシー
3:Méditation Massenet
タイスの瞑想曲マスネ
4:Violin Sonata in G minor Tartini
ソナタト短調「悪魔のトリル」タルティーニ

5:/Romanian Folk Dances Bartók
 ルーマニアの民族舞踊バルトーク
6:Wedding March Mendelssohn-Liszt
 結婚行進曲メンデルスゾーン-リスト
7:Tango Etude No.3 Piazzolla
 タンゴ・エチュード3番ピアソラ
8:Porgy and Bess Gershwin-Heifetz
 ポーギーとベスガーシュウィン-ハイフェッツ

6

Duo Eosの

アンサンブルの響き Vol.1ピアノ四重奏

二人の名手をお迎えして~

2018年8月11日(土)13:30開場 14:00開演

​於:星稜会館ホール

プログラム:

1.シューベルト 弦楽三重奏曲 変ロ長調 D471

2.ブルクハルト ヴァイオリンとヴィオラのデュオ
「クライネ・セレナーデ」 Op.15

 Iのんびりとー元気にーユーモアとー元気にー最初に戻って
 II気品をもって静かにー早くー最初に戻って
 III適度にー元気にー最初のようにー元気に
 Ⅳ心地よくー元気にーかなりゆっくりにー心地よく

3.マーラー ピアノ四重奏曲 イ短調
4.シューマン/リスト 「献呈」 S.566

5.ブラームス ピアノ四重奏曲第1番 ト短調 Op.25
 I アレグロ
 II インテルメッツォ
 III アンダンテ・コン・モート
 Ⅳ ロンド・アラ・ツィンガレーゼ

IMG_0139.JPG
アンサンブルの響き.PNG